葬儀の際の宗教と儀式にまつわるトラブル

日本には、色々な宗教があり個人の宗教も色々ありますが、葬儀を執り行う上で宗教に関わるトラブルも多々起きています。トラブルを回避するために知っておくべき事柄を紹介します。現在では無宗教の方も多く、普段の生活の中にも宗教と結びついて生活を送るという事が少なくなってきていますが、葬儀となると仏式で執り行うという方が多いのではないでしょうか。

仏式といえば宗教家が会場へ来て故人へのお経を唱えるという場面が思い浮かびますが、この宗教家へのお経を上げてもらった御礼としてお布施という物が遺族から渡されます。そこに発生する金額が故人へのあの世での名前である戒名や法名と関係しているのです。遺族は亡くなった故人に、せめて良い名前を贈ってあげたいと戒名や法名で言われる位の高いものを望んでしまいがちですが、法名や戒名は位が高いほど金額も高く宗派によっては数十万円を越える事もあります。また、位の高い戒名・法名をつけた事によってお経を唱える宗教家の人数が1人ではなく2人から5人になる事もあり、宗教家へのお布施だけで50万円以上になる事もあります。家族葬で費用を抑えた筈なのに、葬儀費用と同じくらいの金額になってしまう場合も生じてくるのです。

儀式を執り行う上で祭壇に飾られる花も宗教によって違いがある場合があります。葬儀社は、豪華な生花で作られる花祭壇なども紹介してくれる事もありますが、宗派によっては、シキミと呼ばれる緑の葉物だけで行うのが正式な弔い方であるのに対し、不必要なほど高価な花祭壇を勧められ、後に高額な請求金額になってしまったというトラブルも起きています。

葬儀を行う場合の宗教の決まりなどはありません。長い年月行ってきた習慣ととらえ無宗教で執り行うのか、家族の宗教があり信仰する宗教で行うのかを決めておきましょう。宗教がある場合は、前もって宗教家へかかる金額も臆することなく相談し聞いておきましょう。宗教家への金額を聞くのは、恥ずかしい事の様に感じる方も多く聞きにくい事ですが、何も言わないのは了承したも同じになってしまいトラブルの原因となってしまいますので気を付けましょう。